不動産を売却する場合、不動産の価格評価を出しますが、これを一般的に価格査定という言い方をします。これには色々な手法がありますが、不動産流通推進センターという所が発行している価格査定マニュアルに沿って、考えてみましょう。

土地やマンションを売却するという事になると、取引事例比較法という方法で査定が進むことが多いです。これは、売買しようとする不動産と同じような価値、環境を持っている不動産取引の事例、価格を比較し、対象不動産の価格を出すというもので、太陽不動産と取引事例となる不動産を比較、その上でベースを決めて概ねの価格を捻出します。取引時期の違い、市場全体の動向などを取り入れ、一定の調整などを行って時点修正を行い、価格を出します。

比較する不動産が土地の場合、形、面積、方位、接する道路、その環境などを比較し、マンション棟であれば、階数や間取り、部屋の方向や環境などを比較します。これによって比較されるマンションなどの建物よりも劣るという事なら、価格は低くなりますし、それよりもいいという事なら価格が高くなります。また取引事例の不動産が取引された時点から相場が上昇しているという場合もありますし、下落しているという事もあるので、時点修正も行います。