どの不動産会社を利用するのか、これが決まれば売却する物件の価格査定依頼を出す必要があります。不動産業者を決め、価格査定の依頼を行い不動産業者の説明をしっかり聞いてみましょう。もしもその時、価格をどのようにして出したのか?という説明が曖昧だったり、意味が分からない?と思った時には、納得がいくまで説明を求めること、また、いい加減な説明を行う業者という場合、その業者ではなく他の不動産業者に依頼する方がいいでしょう。不動産物件という大きな買い物、またその大きな買い物の金額を曖昧に決められては困るのです。

価格査定は、不動産取引を行う専門業者が売買の取引のみを目的として、不動産の価格を評価するという事で、この価格は売り出し価格など参考情報として活用されます。取引事例等様々なデータを客観的に用いて合理的な手法によって決められるものです。

簡易査定は取引事例や公的価格などの情報から簡易的に行うもので、初期段階、概ねの相場を把握するために利用し、机上査定ともいわれます。詳細査定は実際にその物件の計上や接道状況、日当たり、周辺施設、物件の傷み具合などを細かく確認し、詳細に行う査定で、訪問査定ともいわれます。こうした価格査定によって慎重に不動産売却の金額を決めていきましょう。