知っておきたい不動産売却の知識

知っておきたい不動産売却の知識についてまとめています

カテゴリー: 未分類 (1ページ/2ページ)

売却額の査定依頼

どの不動産会社を利用するのか、これが決まれば売却する物件の価格査定依頼を出す必要があります。不動産業者を決め、価格査定の依頼を行い不動産業者の説明をしっかり聞いてみましょう。もしもその時、価格をどのようにして出したのか?という説明が曖昧だったり、意味が分からない?と思った時には、納得がいくまで説明を求めること、また、いい加減な説明を行う業者という場合、その業者ではなく他の不動産業者に依頼する方がいいでしょう。不動産物件という大きな買い物、またその大きな買い物の金額を曖昧に決められては困るのです。

価格査定は、不動産取引を行う専門業者が売買の取引のみを目的として、不動産の価格を評価するという事で、この価格は売り出し価格など参考情報として活用されます。取引事例等様々なデータを客観的に用いて合理的な手法によって決められるものです。

簡易査定は取引事例や公的価格などの情報から簡易的に行うもので、初期段階、概ねの相場を把握するために利用し、机上査定ともいわれます。詳細査定は実際にその物件の計上や接道状況、日当たり、周辺施設、物件の傷み具合などを細かく確認し、詳細に行う査定で、訪問査定ともいわれます。こうした価格査定によって慎重に不動産売却の金額を決めていきましょう。

相場に見合った売却額を

不動産の価格は地域によって違いがあります。同じ面積の住宅でも、都市部と地方では大きく金額に違いが出てきます。各地域の市場動向について調べておくという事も、不動産売却の際にとても重要な事となります。価格の上昇、下降等は比較的入手しやすいです。これを調べると、エリアによってだいたいの価格、その変動を把握できます。また過去の価格を調べることで、その価格情報を現時点の時点補正に利用する事もできます。

不動産売却の際、不動産の相場を知っておくことはとても重要な事です。自分の大切な住まいを売却するという時、誰もが出来る限り高い金額で売却したいと考えるでしょう。いくらで売るのかという事を決めなくてはなりませんが、その地域、住宅環境の中で相場からかけ離れている価格を設定するという事はできません。可能な限り、価格情報を調べて、その中で納得のいく金額を売却価格にしなければなりません。

早く売却したいという気持があっても、相場よりもかなり高い金額となっていれば、売れる物件も売れず、残ってしまう事になります。長く不動産業者のサイトに広告され売れ残っている物件というのは買手にとって、「何かある?」と思われてしまう事もあるので、売却する価格は、しっかり相場に見合ったものとすることが大切なのです。

不動産売却の査定だけであれば、インターネットを利用して一括で価格を調べることも可能です。不動産売却の価格や不動産業者を選ぶ際の目安にするといいでしょう。

1/2ページ

Powered by WordPress & テーマの著者 Anders Norén